繼續收集素材

 

小道具類

 

 

https://twitter.com/yusai00/status/1446646609161293828

展開すると天球儀になるリング
https://historiska.se
http://mis.historiska.se/mis/sok/fid.asp?fid=41363&page=2&in=1
スウェーデン国立歴史民俗博物館が所蔵する指輪で、中世ヨーロッパの天文学者(占星術師)が身につけていたのではないかと考えられているそう。検索するとレプリカがあちこちで販売されてる様子。


 

 

 

 

 

 景觀類

泉水

 

https://karapaia.com/archives/52307739.html

フランスのブルゴーニュ地方に、古代から存在し、“神の穴”と呼ばれる泉「フォッセディオンヌ」がある。

実はこの泉、その源をこれまで誰も見つけることができないミステリアスな泉として知られている。

過去には、謎を解明しようと潜った複数のダイバーが死亡したこともあり、古くから地元の人々の間では「水底には蛇が棲んでいる」「源は別の世界への入り口」と言い伝えられているという。

フランス北東部ブルゴーニュ地方の町トンネレにある「フォッセディオンヌ」は、西暦645年頃、当時使えなかった沼地を僧侶ジャン・ドゥ・レオームが奇跡的に泉に変えたという説が伝えられる古代の源泉だ。

 

"Dive-to-the-origins-of-ancient-times"
Ces 28 et 29 septembre 2018, deux plongeurs reprennent l'exploration de la Fosse Dionne.

 

 

 藍色奇景!類水母生物佈滿沖繩沙灘 當地人拿來吃其實有毒 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站

報導指出,Velella velella直徑最大長達5公分,有著橢圓形的盤狀軀體上,有薄薄三角形的膜。
雖然淺藍色的外觀相當美麗,但其實體內含有毒素,如果刺到人會引發劇烈疼痛。
不過渡名喜島的居民稱這種生物為「fura」,過去曾有將之食用的習慣。
這顏色是我的菜(想躺上去)(被螫死

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/734519

映える沖縄のビーチ 青色の正体は昔は食べた有毒生物


沖縄県渡名喜村の南東にあるアンジェーラ浜に3月下旬、クラゲの一種のカツオノカンムリが、大量に打ち上がっているのが見つかった。波打ち際にずらっと並ぶ、数えきれないほどのカツオノカンムリを村民が発見した。

カツオノカンムリは直径が最大5センチほどで、楕円(だえん)形の盤の上に三角形の薄い膜でできた帆を張っている。青くきれいな色をしているが、毒があり、刺されると激しく痛む。

渡名喜ではカツオノエボシと合わせて「フーラ」と呼んでおり、村民によると昔は食べていた。(細野桃子通信員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    全站熱搜

    草左 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()