0524

 

最後來挖掘的官方說法

 


『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第16話(特別編) - 『ファイナルファン...

找到吉爾花的運用和意義


プライナ「テネブラエのフェネスタラ宮殿ですね。ジールの花は、初代神凪のエイラ・ミルス・フルーレの愛したお花が神凪の象徴として受け継がれたと言われています。いまではテネブラエの人々が香水やポプリなどで香りを楽しむようになりました。ジールの花は色によっても花言葉が異なりますが、ルナフレーナを象徴する青い花は、“あきらめない心”、“誠実”などと言われています」

所以有不同顏色的吉爾花?好像看過有其他人說過

 


『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第6話 - 『ファイナルファンタジーXV』...


アンブラ「イグニスは、手帳(レシピブック)にレシピだけじゃなくて、よりおいしくするための考察とか食材の研究とかも書き留めてたよ。ホントにお料理スキなんだ」

アンブラ「『ロイヤルエディション』では、スティリアクロマグロを釣ると、イグニスが“大膳握り寿司”を作ってくれるようになったよね! イグニス、お寿司の作り方なんていつの間に覚えたんだろ!」

プライナ「ああ、それはノクティスがかつて寿司屋でアルバイトをしていた際に、いざというとき助言できるよう裏で練習していたんです」

アンブラ「どんだけなの?」

你們認真的嗎?諾克特在壽司屋打工?!

 



第8回: トマトゼリーとノクトの野菜嫌い

プライナ「イグニスとノクティスも、このトマトゼリーのポスターについて会話をしていた気がします」

アンブラ「イグニスは昔からノクトに苦手な野菜を食べさせようとがんばっていたけど、ほぼ失敗に終わっているよね」

プライナ「子どものころ、ノクティスが緑色のスープをおいしくないとレギスに告げていたこともありました。周りの人間が気を利かせて、その料理人を解雇していましたが

アンブラ「あー、モルボ・スムルの屋台をやっている店主の山ちゃんさん。もともとお城の料理人だって言ってたけど、それが原因でクビになっちゃったんだ!

プライナ「彼の腕のせいではないのに、気の毒なことです。」

アンブラ「緑色の料理ばっかり作っているからでは?……ともあれ、ノクトが聞くとぜったい落ち込んじゃうから、ないしょだよプライナ!」

 

不要這樣連結前傳的人啊XDDD

 

 

プライナ「あのサボテンダーズ、実は作り始めたのはイザニアの父親だそうですよ。
昔、イザニアへの贈り物として、サボテンダーの置物をプレゼントしたところから始まったものだとか。なんとも愛らしい姿に、イザニアは妹のキミアとふたりで笑ってしまったそうですよ」


アンブラ「意外と歴史があるものだったんだ!」

 

 

說到仙人掌的歷史,所以這個伊茲尼亞真的是存在的?

 



『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第13話 - 『ファイナルファンタジーXV...


好吧,藏在這裡我也真的是沒辦法了,
從意外得知的那一天我就很不舒服,但是我一定得要面對,這個是相當於空知老師公布他家松陽老師和坂本辰馬等級的問題,我要勇敢面對。

在此宣布我對我家伊媽格爸兩人的私設定的範圍來自四本攻略本所沒有講到的地方,如果在其他地方公開的官方設定產生衝突,這邊會選擇知情但無視。
刺青真的是非常重要的設定存在,在我家。


アンブラ「みんなもちろん知ってると思うけど、イリスのお兄ちゃんはグラディオ。でっかい鳥のタトゥーが目立ってるよね!」

プライナ「王の盾としての覚悟が決まったときに、アミシティア家に伝わるタトゥーを彫ったそうですね。父であるクレイラスも同じタトゥーが入っているはずですよ」

アンブラ「鳥を描いているのはどうして?」

プライナ「一説としては、初代王の盾であるギルガメッシュの相棒の翼竜・エンキドゥが起源となっており、同じ翼を持つ、空を舞う鳥を描く風習が残ったのではと言われていますよ。最強の王の盾と言われたギルガメッシュへの敬意を表しているのかもしれませんね」

アンブラ「ギルガメッシュやエンキドゥのことは、『FINAL FANTASY XV EPISODE GLADIOLUS』を遊んでみてね……って、けっきょくイリスというよりアミシティア家のお話になっちゃった!」


在擁有要成為王之盾的覺悟時,那個刺青就是艾米提亞家會刻上的。
所以克雷拉斯也有同樣的刺青。

我的點在從來沒有人看過親爹的刺青,
所以我想要繞過去的方法是、「主題一直都是刻恩奇都(初代王之盾ギルガメッシュ的伙伴)」但是型態跟大小是可以自己決定的,
也就是「同樣的」部分限定為「主題相同」而不是「圖案相同」

所以我家格爸還是可以在知道要刻恩奇都的場合下,心懷著是給伊格尼斯的禮物去給我家龍峰刺青。

被官方設定打亂預定真的不好受,像是BUG一樣的存在,但只要有辦法繞過去,有辦法解釋過去,我就能夠繼續前進

至於時間點,我家的明顯比較晚(兩年),但也不一定需要直接用入王都警衛隊的時間來肯定他想要成為王之盾,我個人覺得親爹會要他多想一下。

 

0613


為了消除心理疙瘩)
為了格爸的刺青由來我花了很大的氣力做設定,而且我自己設定得很歡喜(O)我認真喜歡自家設定。
格爸的刺青在四本設定書中都沒有特別著墨(提都沒提)。

但是官方在另外三個地方放了說明,不接觸就不會知道的地方:與法米通的連動活動BLOG(文字)、製作人在某次的粉絲會(?)口頭訪談(有去過的人寫REPO才會知道)、官方免費親世代旅遊小遊戲(未經證實,我下載了還沒玩)

官方的說明是、刺青是要擔任王之盾的人有覺悟時會刺上的。
口頭訪談提過克雷拉斯身上也有同樣的刺青。
親世代旅遊小遊戲是8bit類遊戲,我目前看截圖還沒辦法確認是不是「一模一樣」的圖案,但是基於常識,大概會是。

從知道「官方有設定只是沒在設定本內講」這件事成為我內心的疙瘩,因為我不願意放棄我的設定,那對我家兩隻意義深遠重大。
我曾經希望「是同樣主題但是圖案可自選」的形式,但是要能夠支持我這個想法就全靠親世代小遊戲裡那個8bit解謎(目前我還沒時間去玩)

那麼,我退一百萬步,有沒有可能,「在同樣的圖案之上,做出有別於其他人的設定」?
應該還是有可能的,因為我真的不願意放棄。

 

 


『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第14話 - 『ファイナルファンタジーXV...


プライナ「彼女はたまに仲間に手料理をふるまうこともありますよ。『FINAL FANTASY XV MULTIPLAYER: COMRADES』では、アラネアの作った料理“ウェルエタム・カスレ”を食べることができます」

アンブラ「素朴な見た目がほっこりするなぁ。帝都グラレアのあるウェルエタム地方の家庭料理なんだって! きっと、アラネアはウェルエタム地方の出身なんだね

 

提及艾拉妮亞的出身地

 

 



『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第15話 - 『ファイナルファンタジーXV...

アンブラ「コルが王都警備隊に入隊したのは13歳のときだったよね」

プライナ「彼は一般家庭の出身でさほど裕福ではなかったようですが、類い稀なる身体能力を見込まれて入隊直後から高度な戦闘訓練を受けていました。15歳のころには、当時の国王モルスの親衛隊に最年少で抜擢され、アコルドから撤退してきたレギスたちを“臆病者”と正面から非難したこともありました

アンブラ「思ったよりヤンチャなエピソード」

プライナ「そのことでレギスから一目置かれ、コルはレギスとともに戦いの場へ赴くようになっていったのです」

アンブラ「レギスとクレイラス、シドといっしょに各地の戦いにも参加したよね。レギスはそんな戦いの中で、孤児となったドラットーを保護したこともあるんだよね

プライナ「王都の中心部に縮小された魔法障壁を張っていたころですね。周辺の市街地では時間を稼ぐための戦闘が繰り広げられていたのですが、住民を巻き込んだ戦いにシドは反発していたそうです。そんなことが続いて、シドはここでレギスたちに別れを告げ、王都に帰ることはありませんでした

アンブラ「ところで帝国軍のロキは、なんでコルを目のカタキにしているの?」

プライナ「ロキは軍人の家系で、幼いころから自身が地位を得ることに野望があったようです。他国にも名が響くコルの名を幼いころから聞いていたので、勝手にライバル視するようになったのかもしれません」

アンブラ「コルに勝つことが目標になってたんだね」

プライナ「ちなみに、コルのほうはとくに意識していないようですよ。単にロキがコルの活躍を耳にして噛み付いているだけですね」

アンブラ「不死将軍なんてカッコイイ異名もあるしね!」

プライナ「あんなに爆発しても何度も姿を現してくるロキも、相当だと思いますが……」

資訊量頗大,總結一下就是、柯爾13歲因為太優秀而能夠加入王都警備隊,15歲直接被摩爾斯王提拔為親衛隊成員,身為小屁孩還曾經對於從亞柯爾德撤退的雷吉斯等人指責他們是膽小鬼。

然後雷吉斯這時保護過身為孤兒的德拉特........等等我年齡混淆XDD

說是孤兒表示還很年輕啊?(成年18以前)


所以再次證明柯爾不是當年一起旅行到亞柯爾德的人啊,別忘記克雷拉斯親爹啊!!



『FINAL FANTASY XV エピソード カーバンクル』第17話 - 『ファイナルファンタジーXV...


プライナ「10年の間にタルコットはハンターになっていましたね。グラディオ、プロンプト、イグニスの3人にも修行をつけてもらったようです」

アンブラ「特にプロンプトとは、彼の人柄もあって距離が近くなったみたいだね。タルコットも、「プロンプト」って、親しげに呼んでいるし」

プライナ「そうですね。ところで、タルコットがハンターになったのは、闇に包まれた世界で生きていくため、ということもありますが……。アミシティア家の執事であり、戦いの基礎を習得していたジャレットを見て育ったタルコットは、もともと戦うことに憧れがあったようです。そして、ジャレットを守ることができなかったという思いもあり、タルコットは、強くなって大切な人たちを守りたいと願い、ハンターの道を選んだようです」

 

全部考察完畢,希望沒有遺漏,希望不要再被官方資料干擾
我要繼續前進了。

 

 

 

 

    全站熱搜

    草左 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()